2001w1_3ddd
画像をクリックすると拡大します

 

Sさんはお友達が網膜剥離で入院し手術を受けたと聞いてご自分も飛蚊症が気になって受診されました。

 

Sさん:友達から手術後の入院中一日中うつ向きの姿勢を何日間も指示されかなりつらかったと聞きましたが、網膜剥離はどこが悪くなるのですか?

 

平 田:眼球の内側にある景色が写るカメラのフィルムにあたる網膜が剥がれてしまう病気です。最初網膜に裂け目や孔が出来てそれを中心として剥がれてくる裂孔原性網膜剥離が一般的ですが、その他にも糖尿病からくるものやブドウ膜炎からくる続発性網膜剥離があります。

 

Sさん:何か前兆は無いのですか?

 

平 田:明 るい所で目の前で黒い点やゴミのようなものが動いて見える飛蚊症が急に現れたり、その数が増えることがあります。また逆に暗い所で顔を動かした時に視野の周辺でピカピカ光った点が流れるように見える光視症が出ることもあります。剥離が起こってしまうと視野の一部に黒いカーテンがかかったように部分的に見えなくなる視野欠損が認められます。剥離が網膜の中心部に及んで視力が低下して気づくこともあります。ボールが目に当たったりした外傷後なども要注意です。

 

Sさん:体質や遺伝は関係ありますか?

 

平 田:遺伝はハッキリしませんが、重症のアトピー体質や非常に度の強い高度近視の方は他の方と比べてやや網膜剥離になりやすい体質といえます。特にアトピーの方がかゆみを我慢するために顔面をパンパン叩くことがありますが、これは止めていただきたいと思います。

 

Sさん:早期発見すれば予防できるのですか?

 

平 田:その通りです。網膜剥離が起る前に網膜に裂け目や円い孔がある状態で発見されれば、その周辺をレーザー光線で焼き付ける方法で剥離を予防することが出来ます。レーザー治療は入院の必要もなく痛みもありません。

 

Sさん:前兆があった時は平田眼科ではどのように検査が行われるのですか?

 

平 田:瞳を大きく開く目薬を点眼し網膜の周辺まで詳しく観察する眼底検査を行います。さらに必要なら精密視野検査や超音波検査が行われます。

 

Sさん:すでに網膜剥離になっていたら治療はどうなりますか?

 

平 田:発見されたら安静を保ち、出来るだけ早く手術することになります。手術方法は剥離の位置や状態によって異なりますが、Sさんのお友達が術後うつ向きの姿勢を ある期間指示されたのは、眼球の中に気体ガスを注入しその浮力を利用して内側から圧着する手術方法がとられたためです。このように新しい手術方法が開発され治る率がかなり高くなりました。入院期間は10日間位ですが長くかかることもあります。術後は1ヶ月は安静が必要です。一般的なお仕事は1ヶ月後から重 労働は2ヶ月後からが目安です。

 

Sさん:必ず良くなりますか?

 

平 田:一回の手術で治る率は、一般的な裂孔原性網膜剥離で約90%と言われます。発見が遅れると手術は成功しても大きな視野欠損が残ったり、視力の出かたも悪くなります。

[まとめ]

網膜剥離は壮年期以降に増加し目の病気の中でも比較的重い部類に入る病気です。そのため早期発見は非常に重要なのですが、網膜に裂孔があっても痛みなど全く無いため剥離が起きてから受診されることがよくあります。しかし、ほとんどの症例で前兆として飛蚊症や光視症が現れていますので、そのような症状を感じたらすぐに眼底検査を受けるようにすれば、もし裂孔があってもレーザー治療で簡単に剥離が予防できるわけです。またメガネやコンタクトレンズを新調する都度、眼科で検査を受けて処方してもらうようにするのも早期発見の大切なコツです。実際そのようなケースで網膜剥離や緑内障などの目の病気が発見されることが実に多いのです。