kyuusei01  kyuusei02

 

眼球の白目の部分とまぶたの内側を結膜と言います。この結膜に炎症が起こるとゴロゴロしてめやにが沢山出てまぶたも腫れてきます。これが結膜炎です。原因としては細菌やウイルスなどの感染症の他アレルギーや化学薬品などの刺激によるものもあります。ここではウイルスによる流行性結膜炎に ついてご説明いたします。結膜炎の症状はいろいろなウイルス性の病気でも見られます。たとえば水ぼうそうや、はしかの時も目が充血してめやにが出ますが、 はやり目のようにひどくはなりません。はやり目の場合も感染してから症状が出るまでには多少時間がかかります。短いと一日位から長いと2週間もたってから 症状が現れることもあります。この期間を潜伏期と言います。ウイルス性の代表的な3つのはやり目について述べてみましょう。

【流行性角結膜炎】

はやり目の中でも代表的な病気でアデノウイルス8型で起こる非常に症状が激しい結膜炎です。充血が強くゴロゴロした異物感や眼痛もあります。まぶたが腫れ 目の表面の角膜上皮が剥がれると痛くて目を開けることも出来なくなります。耳の前のリンパ節が痛みを伴ってグリグリと腫れることがあります。症状がかなり 良くなるまで3週間ぐらいかかることもしばしばありますが、良くなっても角膜に濁り(点状表層角膜炎)が残り視力が数ヶ月低下することもあります。この場 合は充血が無くなっても点眼治療の継続が必要です。乳幼児がこの病気にかかった場合は、まぶたの腫れはひどく結膜上に偽膜という白い膜が形成され、目薬を さそうとすると涙と一緒に血がにじんで出てくることがあります。まぶたが腫れているため目を開くことが困難ですが、あお向けに寝かせ真上からたらせば目薬 はまぶたのわずかなすき間から入りますので、涙に血がにじんでも心配せずに医師の指示通りに点眼しなければいけません。

【咽頭結膜炎(プール熱)】

感染源はプールだけではないのですが俗にプール熱又はプール性結膜炎とも言われる結膜炎です。アデノウイルス3型で起こることが多く流行性角結膜炎より目 の症状はやや軽いのですが数日間高熱(38.5度以上)が出たり咽頭炎のためのどが痛くなるのが特徴です。そのため夏カゼとも呼ばれます。ウイルスは患者 の便に数週間は出てきますので完全に治ってない人がプールに入るとおしりについたウイルスによってプールが汚染されてしまいます。下痢症状のある場合は結 膜炎症状が良くなっていてもプールに入るのはひかえて下さい。

【急性出血性結膜炎(アポロ病)】

エンテロウイルス70型によって起こる病気で1969年アメリカのアポロ11号が月面着陸をした年に現れた新しい型のはやり目なのでアポロ病とも言われま す。症状としては白目に真っ赤な出血が見られるのが特徴ですが、前期の2つのはやり目より症状の回復は早く潜伏期間も1~2日です。極めてまれに手足の神 経麻痺がでることがあるとの報告がありますので体の安静は必要です。

≪治療と予防≫

ウイルス性結膜炎に対しての特効薬は残念ながらまだ開発されていません。ウイルス性疾患ですので体の免疫力で治すわけですからカゼの治療と同様で安静が一 番です。充分な栄養と睡眠も必要です。投薬治療としては一般細菌による混合感染を防ぐために抗生剤の点眼と、充血と腫れを抑えるための消炎剤が使われわれ ます。角膜に濁りが残る恐れがある場合はステロイドの点眼剤が投与されます。他の人へうつさないためにも次のような注意を守って下さい。

 

  • 人の集まる所へ出ないように
    症状が激しく他人への感染力の強い間は学校や会社は休んで下さい。体の安静を保つことが大切です。充血が少し残っていても感染時期が過ぎれば学校や会社へ出てもかまいませんので医師に相談しその指示に従って下さい。
  • 手を良く洗うこと
    患者さんはもちろんですが、まだ感染していない家族全員がよく流水で手を洗いましょう。その間タオルはペーパータオルの使い捨てにして下さい。
  • 患者さんが目薬をさす時に使用したティッシュペーパーは一定のビニール袋に入れてください。
  • 患者さんのめやにが直接つく恐れのある枕カバーなどは熱湯消毒してください。発熱していなければお風呂に入ってもかまいませんが一番後に入りお湯を流した後熱いシャワーでよくお風呂を洗ってください。
  • 治療を開始しても発症から1週間から10日位は全くよくならず、痛みや腫れもひどくなりかえって症状が悪化するように感じられることがありますが、上記の注意をよく守れば必ず治りますので医師の指示に従ってください。