白目の表面の薄い膜(結膜)がその下の層からはがれ、シワが出来る病気です。(図1)

 

0905_00
(図1)

 

人は年を取ると皮膚がたるみからだのあちこちにシ ワが現れますが、目も例外ではありません。しかしこの病気は単なる加齢性変化として無視することは出来ません。白目のシワは、涙による目の表面の潤いや正 常な涙の流れを邪魔して目に様々な障害を引き起こしてしまうのです。結膜弛緩症は「目がくちゃくちゃする」「ころころ感が治らない」「しょぼしょぼして目 尻がべたべたする」「いつも涙っぽい」など多くの年配者の目の不快感の原因となっています。白目のシワは、下の白目に現れやすく下まぶたを下に引きさらに 軽く目の奥の方へ押すと眼球と下まぶたの間に現れます。(図2)

 

0905_01
(図2)

 

正常な人では分泌された涙が一旦眼球と下まぶたの間に出来る三角形のすき間に溜まり(涙液メニスカス)まばたきの作用で目頭の涙点から排出され鼻の奥に流れる導涙系が形成されています。
(図3)

 

0905_02
(図3)

 

涙液メニスカスに溜まった涙は絶えず目の表面を濡らし角膜に栄養を与え保護する大切な働きをしています。
結膜弛緩症になると白目のシワが涙液メニスカスを占拠してしまうため涙が十分に溜まらなくなり、涙が分泌されているにもかかわらずドライアイの症状が現れ てしまいます。正常なら貯留した涙は、徐々に目頭の涙点から排出されますが、シワが土手状になり邪魔するため目尻からこぼれたりべたべたする原因となりま す。結局、いつも涙っぽくくちゃくちゃするのにドライアイにもなるという非常に不快な症状が現れます。涙液分泌減少による通常のドライアイと異なる点とし ては、朝特に症状が強かったり、まばたきを多くするとかえってコロコロする感じが悪化するのが特徴です。

治療としては
まず人工涙液の頻回点眼を行ないます。これは涙の流れが障害されているため、目の中にめやにやホコリや花粉等が溜まるので、それらの刺激物を流したり角膜 の表面を潤す目的で行なわれます。同時にそれらの刺激物で引き起されている慢性的な炎症性結膜炎に対して消炎効果のある点眼剤が使用されます。しかし、シ ワが非常に大きく症状が重い場合は手術的に余分な結膜を取り除く必要があります。

予防としては
まず白目の紫外線による老化を防ぐためにUVカットのメガネを屋外で使用しましょう。(近視等のメガネもUVカットレンズならば効果が期待出来ます。)  慢性的な機械的刺激も原因となりますので、日頃から目をしょっちゅうこするようなことは好ましくありません。また度重なる結膜の充血や炎症も原因の一つと 考えられますので、慢性的なアレルギー性結膜炎だけでなく、ほこりっぽい所での仕事やパソコンの見過ぎ、寝不足などによる充血を繰り返えさないように気を つけましょう。もしそのような症状が気になる時は防塵メガネの着用や眼科を受診し、点眼薬の処方や指導を受けるようにして下さい。