サプリメントとはお薬ではなく、栄養補助食品と呼ばれることも多く、その語源は米国の「dietary supplement」ダイエタリー・サプリメントからきており、ヨーロッパではフードサプリメントとも呼ばれています。食生活において、ビタミン・ミネラルやアミノ酸等が不足している場合や摂取しにくい成分を補って健康を保つ為のものです。

 眼科領域においては、加齢黄斑変性の進行予防にサプリメントの使用が急速に広まっています。目に関してのサプリメントの効果を確認するために、ルテインや各種ビタミン・ミネラル・DHAなどの様々な組み合わせを作り、それらを全く使用しない群との長期に渡る比較調査が、米国で大規模に2回行われました。これがAREDSThe Age-Related Eye Disease Study)やAREDS2と呼ばれるもので、医学的にも信頼できる調査と言えるでしょう。その医学的エビデンス(根拠)に基づき、かつ食生活などの違いも考えて、日本人向けの配合にした目の健康維持の為のサプリメントが、日本でも発売されるようになりました。

 現在日本の大学病院眼科においても適応のある方に勧められています。当院においても適応のあると思われる方には、ご案内しておりますので医師にご相談下さい。目に関するサプリメントの中心となる成分の一つとしてルテインがあげられます。ルテインは目の網膜の中心部分の黄斑部に存在し、黄斑部を特に青色有害光線から守り、視細胞を保護していると考えられております。ルテインはほうれん草やブロッコリーなどに含まれるカロチノイドで、体内で生成出来ないため、食事で継続的に摂取する必要があります。しかし実際には、加齢黄斑変性の進行予防の効果を期待出来る程の量の緑黄色野菜を、毎日摂り続けることはなかなか困難と思われます。そのような場合にサプリメントが勧められるわけです。

 加齢黄斑変性以外の目の健康の為のサプリメントとしては、最近いくつかの論文でアスタキサンチンという成分が眼精疲労にある程度の効果があるとの報告もあります。アスタキサンチンは天然の赤い色素で、サケやカニ、エビなどに多く含まるカロチノイドです。もちろん眼精疲労の軽減には、正しい全身管理や眼科医による適正な眼鏡やコンタクトの処方が原則ですが、20歳代や30歳代の方でも、パソコンディスプレイやLED照明からの紫外線や有害青色光線からの保護目的と合わせて、ルテインとアスタキサンチンが含まれるサプリメントを付加的にとるのが望ましいと思われます。

 ただサプリメントを摂取するにあたり注意していただきたいことは、過剰摂取は望ましくないことです。いろいろな種類のサプリメントを組み合わせて飲むと、成分の一部が重複して、過剰摂取になることが有りますので注意が必要です。勿論胃腸に負担がかかったり、体に合わないように感じられたら無理に摂取する必要は有りません。基本的に当院としては、サプリメントは希望のタイプを1種類、かつ一日の摂取量をこえて飲まないように適正な摂取を推奨しておりますが、複数のサプリメントを摂取希望の方は当院医師までお尋ねください。