皮膚エリテマトーデス(CLE)や全身性エリテマトーデス(SLE)の治療薬として、近年国内でもプラケニル(ヒドロキシクロロキン硫酸塩)内服薬の使用が増えております。

 

 CLEやSLEの患者さんの治療薬として海外では標準的な治療薬として使用されております。この薬剤はまれに、目の網膜障害の副作用が出ることがあり、この薬剤を使用するに当たり、投与する医師と眼科医との連携が大切です。

 

 プラケニル投与開始前および投与中は定期的に眼科を受診し、種々の眼科検査を受ける事が必須となっております。

 

 当院ではプラケニル投与前および投与後の眼障害の有無の検査が可能です。詳しくは当院医師までご相談下さい。