• 春日井本院 TEL.0568-84-6638
  • 小牧平田眼科 TEL.0568-74-6638

ドライアイ

急増するドライアイ

パソコンの普及と人口の高齢化に伴ってドライアイの患者さんが急増しております。ドライアイは文字通り目が乾くことと思われるでしょうが、医学的には「ドライアイは、さまざまな要因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じ、眼表面の障害を伴うことがある」と定義されています。

眼球の表面部分のコンタクトレンズがくっつく透明な部分を角膜またまぶたの裏側と白目の表面を結膜と言い、この二つを合わせて角結膜と呼びます。この部分は絶えず涙によってうるおっていることによって正常に機能しているのです。涙は物理的に目に飛入したゴミや花粉を洗い流す作用をするだけではありません。涙にはその中に含まれている栄養や酸素を届けたり、リゾチームという成分による感染予防という大切な働きもあるのです。角膜の透明性は視力に大きく影響しますが、それには涙によって絶えずうるおされている必要があります。涙腺から分泌された涙が目の表面を絶えずうるおすには十分な量の分泌が必要ですが、涙が目の表面からすぐに蒸発してしまったり剥がれ落ちてしまったりするのを防ぐことも必要です。

急増するドライアイについて詳しく見る 閉じる

涙の働き

涙は上まぶたの外側にある主涙腺から分泌され、目を潤したあと約90%は目頭のまぶたの所にある小さな穴「涙点」から排出され、「涙小管」「鼻涙管」を通って鼻に流れて行った証拠です。残りの10%は目の表面から蒸発する分です。

水を送るにはポンプが必要なように、この一連の涙の流れにもポンプ作用が必要とされていますが、その働きをするのがまばたき運動です。何気ないまばたきが実は大変重要な働きをしているわけです。

顔面神経麻痺でまばたきが出来なくなりまぶたが完全に閉じなくなると、目の表面が完全に乾燥してしまい処置しなければ失明してしまう場合もあります。それ程でなくても、高速道路の運転やテレビゲームやコンピューター操作で神経を集中して画面を見続けると、まばたきの回数はなんと普通の約1/4に減ってしまうと言われます。普段1分間に約20回以上行われるまばたきが、5回前後になってしまうわけです。

この涙の主な働きをまとめてみますと、次の5項目になります。
①目の表面の乾燥を防ぐ
②目の表面に酸素や栄養を届ける
③目に入ったゴミやホコリを洗い流す
④涙に含まれるリゾチームの働きなどで目の感染を防ぐ
⑤表面張力の作用で目の表面を滑らかに保ち視力を良くし又コンタクトレンズを接着させる

涙の主な働き

涙の主な働き

涙の働きについて詳しく見る 閉じる

涙の流れ

目の表面の涙の層は図1のように、2層に分かれています。一番表面は蒸発を防ぐ油分の層、その内側(角膜側)は、水分と涙の安定性を向上させるムチン等が含まれる液層となっています。 涙のほとんどを占める液層部分は、図2のように涙腺で産生され目をうるおしてから上下のまぶたの鼻側にある涙点、涙小管を通って鼻の奥へ流れて行きます。泣くと鼻水が出るのはこのためです。 油層の油はまぶたのふちのまつ毛の生え際のすぐ奥に口を開くマイボーム腺から出ています。粘液(ムチン)は角結膜上皮から直接産生されます。ドライアイの原因や対策を考える場合にはもちろん空気の乾燥も考慮に入れますが、目のうるおいを阻害するこれらの全ての要因について検討する必要があります。

図1 涙の構造

図1 涙の構造

図2 涙の道筋

図2 涙の道筋

涙の流れについて図説を見る 閉じる

ドライアイの症状

若年者のドライアイはパソコン業務や車の運転、コンタクトレンズ装用等外的要因からくるものが多いのですが、高齢者の場合はさらにマイボーム腺から油が出にくくなったり、ムチンの産生障害からくる涙の成分変化の要因や結膜が緩んでシワ状になるため(結膜弛緩症)、涙液の流れにムラが出来る機能的障害要因とが加わります。 目に疲れや不快な症状が現れる病気はいろいろありますが、ドライアイが関係しているケースがかなりあります。平田眼科においてはこれ等の要因を考慮して鑑別診断を行ないそれに適した治療や指導を行なっております。ドライアイかどうか自己チェックする最も簡便な方法は10秒間まばたきせずに目を開いていられるかどうかで分かります。その他一般的に次のような症状が現れます。

  • 目に乾燥感がある
  • 目が疲れやすい
  • 目がコロコロする
  • 目を開けているのがつらい
  • まばたきした直後は良く見えるがすぐにボヤケてくる
  • まぶしい
  • 目のふちにベタベタ感がある
  • 目が充血しやすい

ドライアイの症状リストを見る 閉じる

ドライアイの主な原因

ドライアイは年齢にも関係が深く、45歳以上になると涙の量が多くても、涙の成分に変化が起り涙の膜の油層やムチン層に欠落部分が発生し、涙が蒸発しやすくなったり、目の表面にくっつきにくくなってしまいます。又目の周囲の皮膚や組織の緊張が緩み、まばたきによる涙を送るポンプ作用にも障害が出るため、目の表面が乾くにもかかわらず、目元はかえってベタベタした感じが出やすくなります。
油層の成分の減少はまつ毛の生えている部分にあるマイボーム腺が詰まるとなります。対策としてはその部分をマッサージしたり温罨法をすると効果的です。液層部分の減少の代表的なものには中年女性によく見られ鼻や口も乾燥するシェーグレン症候群があり全身的な治療が必要なこともあります。しかしシェーグレン症候群の方はむしろまれで水層成分の減少や涙の蒸発による目のかわきを訴える多くの方々の原因としては以下のことが考えられます。

  • ストレスや不眠により交感神経が高ぶり涙腺からの分泌が減少する
  • パソコンを見ると普通1分間に20回あるまばたきの回数が5回以下に減少してしまう
  • 花粉症やソフトコンタクトレンズ使用などで最近多い
  • アレルギー性結膜炎によってムチン成分の減少が見られる
  • エアコンや電気毛布などによる空気の乾燥

ドライアイの原因リストを見る 閉じる

ドライアイの検査

本当にドライアイかどうかを診断するには眼科による検査が必要となります。平田眼科で行われる検査としては、まず細隙灯検査で目の角膜に乾燥によるキズがあるかどうかを調べます。次に目の表面についた涙の接着が剥がれる時間(BUT)を計測します。また単位時間当たりの涙の分泌量も調べます。ドライアイの疑いのある方は一度当院を受診して検査を受けられるようおすすめいたします。

ドライアイの治療

当院には春日井・小牧両院ともドライアイ研究会に所属する医師が在籍しており、日々の診療にその情報を取り入れております。
通常まずは点眼薬による治療が基本となります。涙にうるおいを加えたり、角膜の傷を治療するヒアルロン酸ナトリウムの点眼が用いられることが多いです。ヒアルロン酸ナトリウムの点眼にも濃度の異なるものや、防腐剤の入っているもの、入っていないものなど何種類かあります。当院では患者さんの目の状態によって複数のヒアルロン酸ナトリウムの点眼のなかから選択して使用しております。防腐剤の入っていない特殊なPFデラミ容器という点眼ボトルに入った、日本点眼薬研究所のヒアルロン酸ナトリウムPF点眼も採用しております。
また近年世界に先がけて日本で開発された涙の安定性を向上させるムチンや水分の分泌を促すジクアス点眼(ジクアホソルナトリウム点眼)や、ムチンの分泌に加え目の表面の粘膜の修復・保護するムコスタ点眼(レバミピド点眼)も積極的に使用しております。これらの点眼をくみあわせても治療が困難な場合は涙点プラグによる治療などが検討されます。

涙点プラグ

ページの先頭へ戻る