コンタクトレンズは眼鏡と同様に近視、乱視、遠視の矯正が可能で、視力など見え方を改善いたします。またコンタクトの中で特にハードコンタクトは眼鏡やソフトコンタクトで補正が難しい、角膜が変形した状態(円錐角膜や不正乱視など)でも視力が改善できる場合があります。そのため、眼鏡やソフトコンタクトよりもハードコンタクトが適しているのか等を把握するには角膜形状評価がとても大切です。一般的なオートレフケラのみでは角膜の充分な形状解析はできない為、角膜形状解析装置が判断には必要です。当院では春日井・小牧両院ともNIDEK社のOPD-SCANシリーズを導入しております(春日井OPD-SCANⅢ、小牧OPD-SCANⅡ)。OPD-SCANシリーズでは角膜の形状を詳細に評価することができます。
 さらにOPD-SCANでは眼内の屈折状態も評価することが出来ます。見づらさの要因が外側の角膜か、それより奥の眼内にあるのかを確認することができます。またウェーブフロント(波面)収差解析も行なうことが出来ます。この検査で眼鏡では矯正できない高次収差の評価ができ見え方のより詳しい評価ができ、視力の数字以外の見え方の質まで評価が可能です。

Overviewサマリー_S

 

この写真はOPD-SCANⅢの検査結果例です。
被検眼の情報を、全眼 / 角膜 / 眼内の3つの部位に分け、それぞれに関する特徴的な情報をまとめて表示してあります。左の下の方に全眼 / 角膜 / 眼内 における高次収差の数値が表示されております。この例では高次収差が大きくなく見え方の質が比較的良好と考えられます。

5_Corneal-Navigator

また上の写真は別の方のOPD-SCANⅢの検査結果例です。左上のAxial と書いてある緑や黄色や赤で表示されている図が角膜の屈折力分布を示しており、角膜の下方が変形して突出していると考えられます。機械のアルゴリズムの判定で円錐角膜の可能性が高いと表示されております。
 当院では見え方のより詳しい評価ができ、白内障、不正乱視や角膜疾患、コンタクト検査、原因不明の視力低下など様々な状況で角膜形状・屈折力解析装置を用いております。