• 春日井本院 TEL.0568-84-6638
  • 小牧平田眼科 TEL.0568-74-6638

お知らせ

OCTアンギオグラフィー(眼底血管撮影)が可能になりました

春日井、小牧とも従来導入していたニデック社のOCT光干渉断層撮影装置RS-3000が、新型のRS-3000 Advance2に更新されました(2018年7月)。撮影時間がより高速で検査を短時間で行なうことが出来るようになり、新機能としてリスクのある造影剤を使用しなくても、眼底の血管撮影が行えるOCT-Angiography機能も付きました。これを用いて糖尿病網膜症、黄斑変性、網膜静脈閉塞症、緑内障など様々な疾患のより詳細な目の状態の評価が可能になりました。

新しい機器を設置しました

超広角走査型レーザー検眼鏡「オプトス カリフォルニア」を春日井、小牧両院に導入いたしました。一般的な眼底カメラでは写る範囲(画角)は45度でしたが本機器は200度の超広角なため、従来の機器では観察困難な網膜周辺部まで眼底撮影することが可能になりました。また眼底の自発蛍光画像も撮影可能です。様々な網膜疾患の診断・経過観察に大変有用です。オプトスに関して詳しくはこちらもご覧下さい。

眼科だより更新

眼科だより春夏号掲載しました

目のドックをリニューアルしました

目のドック(健診)を春日井、小牧両院で承ることが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

乳幼児(生後6ヵ月)からの眼科検査機器ビジョンスクリーナーを導入しました

春日井本院および小牧平田眼科に、スポット ビジョンスクリーナーを導入いたしました。まだ視力検査が難しい乳幼児の検査を短時間で行うことができます。この検査で早期に遠視、近視、乱視、不同視や斜視を発見し、将来弱視になることを予防することが期待出来ます。詳しくはこちらをご覧ください。

弱視訓練器を導入しました

春日井本院および小牧平田眼科に、弱視訓練器オクルパッドを導入いたしました。ゲーム性を取り入れた訓練で、両院にて楽しんでお子様の弱視訓練を行っていただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

深視力検査が可能になりました

春日井本院および小牧平田眼科に、深視力計コーワAS-7JS7を導入いたしました。大型免許等の取得や更新の際には深視力検査が行われます。ご希望の方はお申し出ください。 詳しくはこちらをご覧ください。

目の健康だより更新

目の健康だより、旬の情報に新しい記事を追加しました。

採用情報を更新しました

詳しくはこちらをご覧ください。

新しい機器を設置しました

春日井本院に最新の「ハンフリー静的視野計 HFAⅢ 850」を設置しました。

緑内障や網膜の疾患等の診断・経過観察に大切な機器です。

ハンフリーフィールドアナライザー Guided Progression Analysis (GPA)による進化した緑内障視野進行解析が可能です。

ページの先頭へ戻る