目のドック 生涯、明るい視力を保つために目の検診にも力を注ぐ

「目のドック」ごぞんじですか?

現在中途失明の1位と2位は糖尿病網膜症と緑内障によるものです。
両者ともかなり病気が進行しないと自覚症状は全くありません。
平田眼科では糖尿病・高血圧・中性脂肪過多・動脈硬化等の成人病からの目の障害や緑内障・白内障・網膜剥離等の目にとって重大な疾患の早期発見と治療に全力をあげて取り組んでおります。
また、パソコンやワープロ等のOA業務による目の障害やテクノストレスの予防と治療も最新鋭機器を用いております。

次のような方々に受診をおすすめします

  • 人間ドックや健診で目について指摘のあった方
  • 糖尿病・高血圧症・動脈硬化症の疑いのある方
  • 視力の低下やカスミ目や疲れ目を自覚された方
  • 眼痛・頭痛・肩こりのある方
  • ご家族に緑内障・白内障・網膜剥離などの病気の方がおられる方
  • 飛蚊症(明るい所での目の前にゴミが浮いて見える)のある方
  • ワープロやパソコンなどのOA機器を使用してお仕事をされている方で目や体に不快感のある
  • メガネやコンタクトレンズの合わなくなった方

平田眼科における精密眼科検診

動的及び精密視野検査 緑内障・網膜疾患・脳腫瘍の疑い・視神経疾患
網膜電図検査(ERG) 網膜色素変性症・小口病
眼底三次元画像解析(OCT) 緑内障・加齢黄斑変性・黄斑上膜
眼科超音波検査 網膜剥離・硝子体混濁・眼内腫瘍
拡大眼底撮影検査 緑内障・加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・黄斑円孔・高血圧性眼底
負荷調節連続近点検査 調節性眼精疲労・VDT障害・テクノストレス

目のドックをご希望の方へ

ドックや検診での目の異常を指摘された方や、少しでも目の症状がある方は、通常通りの保険診療となります。
特に目や体に症状もなく「目のドック」のみご希望の方は自費となります。
会社職場単位でも眼科企業検診もお引き受けしていますのでご相談ください。

いつまでも明るい視力を保つために

現在、私たちをとりまく環境は飽食の時代による成人病の増加や、TVゲーム・パソコンに代表される情報化社会による目の酷使など目の健康にとって非常にきびしい時代となっています。 角膜や水晶体は移植できますが、網膜や視神経は1度悪くなってしまうと回復は困難です。
長い人生の生涯にわたって良い視力を保つために各人が自分の責任において大切な自分の目を守らなければならないわけです。
そのためには、一にも二にも目の病気の早期発見と早期治療が望まれるわけです。 いつまでも良い視力を維持するためにより一層目の健康に注意を払いましょう。

緑内障検診

平田眼科では緑内障の早期発見と治療のために30歳以上の方に少なくとも1〜2年に1度の受診をお勧めいたしております。
平田眼科では最新の眼底三次元画像解析(OCT)検査および視野検査が可能です。
保険証ご持参の上受付でお申し出下さい。
TEL :0568-84-6638

視野・OCTによる緑内障の早期発見

緑内障になると、網膜の神経が薄くなり、視野(見える範囲)の一部が見えにくくなってきます。
ただ早期の段階では自覚症状がまだなく、機械による視野検査で緑内障を発見します。

上図の上段の4つの円形のデーターが右眼の視野検査結果です。黒く表示されているところが見えていないところで、結果として正常範囲外と判定されています。
上図の下段の4つの円形のデーターが左眼の視野検査結果です。正常の人でも見えない盲点以外は見えており正常範囲内と判定されてしまいます。
このような人の眼に対してもOCT検査を行なうと、下図のように右眼だけではなく左眼にも異常が認められました。

上図の左側が右眼、右側が左眼のOCT検査結果です。
緑色が正常、黄色が要注意、赤色が異常(神経が薄い)となります。
右眼は上方と下方の両方に赤色の部分があり、上方と下方の両方とも網膜の神経が薄くなっていることが分かります。
一方視野検査で正常範囲内と判定された左眼は、右眼ほどではありませんが黄色や赤色になっている箇所があり、将来左眼にも緑内障が出てくる可能性が高いと考えられます。

このように最新のOCT検査を行なうことにより、より極初期の段階で緑内障を発見することができます。
詳しくは医師に御相談下さい。

その他、目の症状でご心配なことがありましたら診察時に何でも医師にご相談ください。