目の病気と治療 弱視・斜視 早期発見で目の成長を促す

弱視とは

弱視とは、視力の発達が抑えられ、止まってしまった状態をいいます。治療が行えるのは、視力が発達する期間に限られるため、一般的に8歳頃までが対象となりますが、それを超えても治療の適応になる場合もあります。治療を開始する時期が早いほど治療効果も高いので、お子さまの見え方に関して気になる方は、少しでも早めの検査をお勧めします。

         

平田眼科、小牧平田眼科では2017年2月にウェルチ・アレン社製の「スポット ビジョンスクリーナー」を導入しました。ビジョンスクリーナーは、まだ視力検査のできない乳幼児(6ヵ月~)の検査を瞬時に行うことができます。従来の一般的な機械を用いた他覚的屈折検査は顎を機械にのせて片眼ずつ、屈折状態(近視・遠視・乱視など)を測定しておりました。そのため顎を機械にのせてじっとしていられない小児の方は検査が困難でした。この問題を解決できるのがビジョンスクリーナーです。          

VS100_SpotVision_rt-front-angle

この機械の特徴は
       ➀ 手持ちの携帯式機械のため様々な身長に対応でき、顎を機械に乗せる必要がありません。
       ➁ 両眼同時に瞬時に屈折・斜視の状態を測定することができます。
       ➂ 1mの距離はなれて検査するため、子供さんが怖がる可能性が低いと思われます。
         

feature_thumb02          

もちろんビジョンスクリーナーでも測定できないこともありますが、上記の特徴により従来は測定が困難であった生後6か月以降の小児の屈折検査(近視・遠視・乱視など)が可能になりました。          

<治療の流れ>

検査

視機能の検査 視力、眼位、立体視など、お子さまの年齢や状態に合わせて検査を行ないます。
度数(屈折)の検査 弱視の原因は何かを調べるための検査です。調節麻痺の特別な点眼薬を用います。

治療

治療用メガネの処方や、アイパッチ、弱視訓練など、お子さまの状態に合わせた治療をご提案いたします。ケースによっては、専門の医療機関をご紹介いたします。
アイパッチとは左右の目の視力に差がある場合によい方の目に一定時間眼帯を行う治療です。
アイパッチは時間が短すぎても長すぎても好ましくありません。当院医師と相談しながら行っていきます。

医療費控除が受けられます

治療用のメガネは医療費控除の対象となる場合があります。対象者の方には、作成指示書をご用意します。

161224_okurupad_00occlu-img2

また当院ではジャパンフォーカス社の弱視訓練器 オクルパッドを導入しました。タブレット型の弱視訓練器オクルパッドは特殊な偏光メガネをかけて使用します。本機を用いて弱視訓練用のゲームを当院受診時に訓練として行うことも可能です。

定期検査

視力が出た後も、視力が順調に成長しているか、定期的な検査で確認します。

斜視とは

物を見るとき、片方の目が違う方向を向く状態を斜視といい、子どもの約2%に見られます。斜視になると、位置がずれているほうの目を使わなくなってしまうので、弱視になってしまうケースも少なくありません。斜視が進行して弱視を引き起こしたりしないよう、早期発見・早期治療がとても大切です。気になる方は早めの受診をお勧めします。

amblyopia03.jpg左右の目が違った方向(左右、上下)を向いている状態が斜視です。

スポット ビジョンスクリーナー

生後6か月から瞬時に両眼の目の位置を測定します。

VS100_SpotVision_rt-front-angle_s

BET(多目的両眼視スクリーナー)

短時間で斜視・弱視、両眼の視機能を検査します。中をのぞき、絵を見て検査するため、お子さまも楽しく行えます。

BET

HESS赤緑試験

両眼の動きが正常に行われているかを調べる検査です。斜視になっていたり、目の動きが悪かったり、過剰に動いていないかを判定します。

HESS赤緑試験

チェッカーボードパターン

主に外斜視および間欠性外斜視のある、小中学生の方の斜視訓練に用いる機器です。両眼視機能の回復・維持のために、市松模様の点滅刺激で訓練いたします。

DSC_0374