医院案内 医師紹介 常勤医師はすべて日本眼科学会認定の眼科専門医

平田眼科 春日井本院

院長 平田國夫

院長 平田国夫

名古屋大学眼科においては、高血圧・動脈硬化等による目の成人病の研究グループに属し、過酸化脂質による目の障害の研究論文で学位を授与されました。保健衛生大学医学部眼科講師在任中は、作家の曽野綾子氏の視力を回復させた馬嶋慶直教授から、超音波白内障手術について直接指導を受けました。また当時から、目に負担の少ない酸素透過性コンタクトレンズや疲れにくい累進度数眼鏡の研究と適正な処方を行ってきております。愛知県眼科医会の理事や監事としては、テレビゲームが始めて発売された当初から、子供の目に及ぼす影響について警鐘を鳴らしてきました。また成人のパソコンによるIT(VDT)眼症の予防及び緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性その他目の成人病検診の重要性についての啓蒙活動も行ってきております。

経歴
  • 1962年 旭丘高校卒
  • 1968年 名古屋大学医学部卒
  • 名古屋大学医学部眼科助手、非常勤講師、名古屋国立病院、保健衛生大医学部眼科講師を歴任後、1978年平田眼科を開設し院長として現在にいたる。
資格・学会

日本眼科学会眼科専門医、医学博士、日本眼科学会会員、愛知県眼科医会監事

専門分野

白内障、緑内障、眼精疲労、メガネ・コンタクトレンズなどの眼光学、VDT障害

副院長 伴野泰一

副院長 伴野泰一

糖尿病網膜症は中途失明の原因の第一位です。

今後の高齢化社会を考えますとその他白内障、緑内障、網膜剥離、加齢黄班変性等の目の成人病がさらに増加することは必至です。すでに発病された方々の治療はもちろん、発病予防のための生活指導や目の検診の必要性をさらに呼びかけていきたいと思っております。

経歴
  • 1990年 名古屋大学医学部卒
  • 1990年 名古屋大学医学部研修医
  • 1992年 海南病院眼科
  • 1994年 トヨタ記念病院眼科
  • 1998年 春日井市民病院眼科医長
  • 2001年 平田眼科副院長として現在にいたる。
資格・学会

日本眼科学会眼科専門医、日本眼科学会会員

専門分野

糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜剥離、高血圧眼底等眼の成人病全般、レーザー光凝固治療

副院長 平田文郷

副院長 平田文郷

私は、春日井・小牧両院にて診療を行っております。大学病院では網膜専門外来の一員として診療を担当しておりました。関連病院においては、地域医療に従事し緑内障、白内障、糖尿病網膜症、ドライアイ診療など眼科全般を担当いたしました。
現在、緑内障に対しては、低侵襲なレーザー手術である選択的レーザー繊維柱帯形成術(SLT)も行っております。また、多種多様な眼鏡処方やコンタクトレンズの相談にも対応させていただいております。
今後も地域の皆様の、視機能の質の向上のために、より新しい医学に基づいた治療方針で診療したいと思っております。

経歴
  • 1992年 滝高校卒
  • 1998年 琉球大学医学部医学科卒
  • 1998年 名古屋市立大学病院研修医
  • 2001年 名古屋市立大学大学院医学研究科入学
  • 2001年 長浜赤十字病院眼科
  • 2005年 知多厚生病院眼科部長代理
  • 2005年 名古屋市立大学大学院医学研究科修了
  • 2005年〜2008年 名古屋市立大学大学院医学研究科非常勤講師
  • 2008年 平田眼科勤務
  • 2011年 平田眼科副院長 現在にいたる。
資格・学会

日本眼科学会眼科専門医、医学博士、眼科PDT認定医、日本眼科学会会員、日本網膜硝子体学会会員、日本緑内障学会会員、日本コンタクトレンズ学会会員、ドライアイ研究会会員

専門分野

網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔など)、緑内障、ドライアイ、眼鏡処方、コンタクトレンズ診療

小牧平田眼科

院長 久田廣次

院長 久田廣次

私は1990年名古屋大学医学部眼科学大学院を卒業後、遠州総合病院、尾西市民病院、愛北病院眼科医長など歴任し1997年4月からは犬山中央病院にて眼科部長を勤めてまいりました。 これらの病院は各地の基幹病院であり目の病気の治療や手術を通して多くの患者様と関わってまいりました。
治療や手術において特に多く手がけた症患は、緑内障、網膜剥離、白内障などがありますが、その他眼瞼の手術やレーザー光凝固療法も数多く行ってまいりました。
また、コンタクトレンズ診療や最近多くの方が患っておられるドライアイやコンピュータ使用によるIT眼症の治療にも多くの治療経験を積んでまいりました。
私は小牧から比較的近い所に位置する愛北病院や犬山中央病院で長く勤務してきましたので、小牧周辺の皆様方には大変親近感を感じております。
小牧市民病院はもとより名古屋大学病院をはじめとする各大学病院や杉田眼科病院等とも緊密な連携をとりながら今後も患者様の立場に立った眼科診療に全力で取り組んで行きたいと思っております。

経歴
  • 1979年 松蔭高校卒
  • 1985年 大分医科大学卒
  • 1990年 名古屋大学医学部大学院眼科学卒
  • 遠州総合病院、尾西市民病院眼科勤務を経て
  • 1994年 10月厚生連愛北病院眼科医長
  • 1997年 4月医療法人犬山中央病院眼科部長
  • 2004年 4月より医療法人光明会小牧平田眼科院長
資格・学会

日本眼科学会眼科専門医、医学博士、日本眼科学会会員

専門分野

白内障、緑内障、網膜剥離、小児眼科、眼瞼疾患、ドライアイ、IT眼症、コンタクトレンズ診療

副院長 小栗真千子

副院長 小栗真千子

総合病院勤務にて多岐にわたる疾患を経験させていただき、多くの患者様と接する機会が増えるにつれ、眼疾患の早期発見、早期治療の重要性を実感してまいりました。
例えば緑内障や糖尿病網膜症など初期に自覚症状が乏しい疾患やお子様の屈折異常(遠視、乱視など)では、早期発見により視力予後の改善につなげていきたいと思います。
今後も地域の皆様の眼の健康のために頑張ってまいります。

経歴
  • 1999年 滋賀医科大学医学部卒
  • 1999年 名古屋大学医学部眼科入局
  • 公立陶生病院 小牧市民病院 春日井市民病院眼科
  • 平田眼科勤務 現在にいたる。
資格・学会

日本眼科学会眼科専門医、日本眼科学会会員

専門分野

ドライアイ、コンタクトレンズ診療、小児眼科、外眼部疾患、緑内障、白内障、糖尿病網膜症