平田眼科春日井本院および小牧平田眼科では、平成29年10月より最新機能の超広角走査レーザー検眼鏡 「オプトス・カリフォルニア」を導入いたしました。今までの一般的な眼底カメラの欠点を大幅に改善した機器といえます。この機器は現在大学病院や大規模な眼科病院など、限られた施設に導入されつつあります。California_RG
糖尿病や高血圧、高脂血症由来の眼疾患、緑内障、加齢黄斑変性、黄斑上膜、網膜色素変性、網膜裂孔・剥離その他様々な目の疾患の、早期発見や経過観察に大変有用な機器です。疾患の早期発見を大きな目的としたドック検診で用いられれば、大きな威力を発揮する事が期待されます。

 

 従来の眼底カメラと比較してオプトスのメリットとして
◎1回で撮影できる眼底の範囲が下の図や写真のように圧倒的に広いことがあげられます。以下の図や写真の左側がオプトスでの撮影範囲、右側が従来の一般的なカメラでの眼底の写る範囲です(通常の眼底カメラは画角45度に対してオプトスは画角200度です)。

 使用許可済み

1711_optps_s

 

 

他のメリットとしては
◎眼底カメラに比べて白内障の影響を受けにくい
◎散瞳(瞳を大きくする点眼処置)をしなくても0.4秒の短時間で高解像度の画像が得られる。(一部例外有り)
等の特徴があります。疑似カラーを用いているため一般的な眼底カメラと色味は異なりますが、従来の眼底カメラでは観察困難な眼底周辺部の病変をとらえることが可能です。
具体例としては、網膜剥離の原因となる網膜裂孔は網膜の周辺部に生じることが多く、通常の眼底カメラでは撮影や評価が困難でしたが、オプトスなら超広角のため網膜裂孔・網膜剥離を発見しやすくなることが期待されます。また糖尿病網膜症や網膜静脈分枝閉塞症等においても、出血や新生血管をはじめとする眼底周辺部への影響による変化の把握が容易となり、ぶどう膜炎による周辺部の滲出斑や硝子体混濁も評価が可能です。
 またオプトスには眼底自発蛍光を撮影する機能があります。眼底自発蛍光とは主に網膜色素上皮細胞という網膜の深層の機能を評価する検査法です。この検査により網膜色素変性症や、加齢黄斑変性、病的近視による網脈絡膜萎縮、中心性漿液性網脈絡膜症など様々な網膜疾患の診断や経過観察により有益な情報が得られます。
 当院のオプトスはオプトスの中でも、Optos California(オプトス カリフォルニア)という上位機種で、従来の200TXと比較して撮影画像の解剖学的な位置がより正確です。下位機種のDaytona(デイトナ)と比較しても、操作性が良好で目への距離が離れているため患者さんへの負担が少ないタイプとなります。大人だけでなく小児の撮影も可能です。従来の眼底カメラでは網膜周辺部に異常が有る場合、診察時に患者さんへ直接写真をお見せすることが困難でしたが、オプトスによる撮影によって、多くの患者さんがご自分の目で、自身の網膜周辺部の状態を知る事が出来る為、今後の治療効果の向上につながる事が期待されます。