• 春日井本院 TEL.0568-84-6638
  • 小牧平田眼科 TEL.0568-74-6638

メガネ・コンタクト処方

コンタクトレンズの買い方と
ご使用上の注意

今までメガネを使っておられたが学校や会社に入学や入社されるのをきっかけに、コンタクトレンズに替えられる方が多くいらっしゃいます。正しい買い方や使い方の要点についてまとめてみましょう。

眼科専門医の検診とアドバイス

平田眼科では量販店や何等かの理由でインターネットなどでコンタクトレンズを購入された方々に対しても専門の眼科医が検診し適切なアドバイスを行っております。
どのような形態でご購入された方であっても瞳の健康をまもるため定期健診は必ず受けるようにしましょう。

正しい買い方について

まず眼科を受診しましょう

専門の眼科医のいるきちんとした眼科でご自分の視力の低下の原因がはたして近視によるものだけなのか、他の原因もあるのかなどを調べてもらう必要があります。 またコンタクトレンズが使える目なのかどうか、もし使えるなら種類は何にしたら良いのかなども含め眼科医による検査処方をまず受けて下さい。

お店選びは慎重に

極端に安価な価格でたたき売りするチラシを配っているお店は要注意です。

  • 隣接する眼科の医師は本当に専門の眼科医なのでしょうか?
  • 合わない時のレンズ交換や保証制度はしっかりしているでしょうか?
  • 多くのメーカーの多品種のレンズがそろっているでしょうか?
  • 商品知識は豊富でしょうか?
  • 乱視用、遠近両用、円錐角膜用など特殊レンズにも対応出来るでしょうか?
  • ケア用品も多品種揃っていて詳しくケアの仕方を説明してもらえるでしょうか?

以上のような点を確かめてみましょう。

眼科でコンタクトレンズが目にあっているか検査をうけましょう

インターネットや雑貨店等で人生初のコンタクトレンズを購入されて、使い続けておられる方が増えているようです。

眼科で検査を受けられた場合でも一定期間ごとに眼科検査は必要ですが、今まで使っていたレンズ度数が同じだからといって別の種類のレンズを眼科検査なしで購入し使うことは大変危険です。

度数が同じでもレンズの厚みや酸素透過率及び含水率などレンズの種類ごとに異なっています。別のレンズ(カラー含む)に変えられる場合などはまず眼科検査を受けて、そのレンズが使えるか診てもらう必要があります。

またコンタクトレンズを快適に使うにはケアなどを正しくおこなう必要があります。これらのことに関してもきちんとした説明と指導を受けるようにしてください。

ご使用上の注意

  • レンズの使用期間を正しく守ること。
    1日タイプを2日使ったり、2週間タイプを3週間使ったりすることはやめましょう。
  • 1日の適正装用時間は人によって異なります。
    眼科医の指示に従って下さい。一般的には12時間以内が推奨時間と言えるでしょう。
  • レンズとレンズケースはいつも清潔に保ちケア用品は決められた通りに使いましょう。
    定期的に蛋白除去をしていない人が90%もいます。
    こすり洗いや蛋白除去操作も忘れないようにしましょう。
  • 定期検査を必ず受けましょう。定期検査を受けていない人が61%もいます。
    調子よく装用していても目やレンズに傷がついたり、眼障害が認められることがあります。
  • 少しでも目に異常を感じたら決して我慢して使わずに、直ちにレンズの使用を中止して出来るだけ早く 専門の眼科医の診察を受けましょう。

コンタクトレンズによる眼の障害例

ソフトコンタクトレンズによる角膜潰瘍の症例

眼科を専門とする医師の定期検査を受けずに、目に少し不快感が有るのに装用を続けた方の中に発症したケースです。長時間の運転やパソコン業務、寝不足や発熱などの体調変化でも涙の量や角膜の状態は変化します。必ず信頼できる眼科医による処方と指導及び定期的検査のもとに使いましょう。

瞼結膜に乳頭が形成され融合し巨大化しはじめている症例

ワンデーレンズや連続装用レンズ以外のレンズの場合は、毎日レンズケアやケースの洗浄を行う必要があります。ケアが不十分ですとレンズに汚れや蛋白質が付着して、それによるアレルギー反応によって巨大乳頭結膜炎を起こすことがあります。時にケアがしっかり行われていても、またワンデーレンズでもレンズ自体の物理的刺激で起こることもあります。レンズ種類の変更、装用時間の短縮、抗アレルギー点眼薬の適正な使用になどで、引き続き装用可能の場合も多いので、眼科医によく相談するようにしましょう。

詳しくは『目の健康だより』のメガネやコンタクトレンズの項目をご覧下さい。

目の健康だより(PCサイト)

また『平田眼科だより』下記の号もご覧ください。
(PDFファイルのダウンロードになります)。


遠近両用メガネやブルーライトカット眼鏡について


http://www.hirataganka.com/pdf/2017winter.pdf


幼児や学童の近視の眼鏡について


http://www.hirataganka.com/pdf/2016spring.pdf


ページの先頭へ戻る